塩レモンに最適の季節。

f0174982_1846739.jpg


国産レモンが出回る時期です。
昨年の本を発売した時期は、旬の終わりだったので、レモンの値段も高騰していました。
みかんと同じく、柑橘であるレモン。そう、今から春先までが国産のものが安価で安定して手に入るんです。

今こそ仕込みの時期に最適です!

写真は昨年の9月に仕込んだ塩レモン。4ヶ月ほど経ち、かなりトロンとしていい味になってます。
レモンの皮の厚みによっても果汁の出方は違うので・・
皮が厚いものはジップロックなど袋に入れて少し揉んでから漬け込んだ方が水分が早く出てきます。
塩レモンの液を使い切っても、この残った実!これが美味しいんです。細かく刻んで食材と和えれば、
お塩は必要ありません。爽やかな塩分とともに、熟成された甘味も感じるくらいです。


f0174982_18513049.jpg

人参のマリネ。
千切りにした人参と塩レモンのみじん切り、少しだけオリーブオイル。
人参の甘さが引き立ちます。



f0174982_18524495.jpg

さつまいもの甘煮。
さつまいもをはちみつ少しでゆっくり煮て(ゆっくり煮るのがポイント さつまいもの糖分が引き出されます)最後に塩レモンと絡めます。さつまいもの甘さがさっぱりと。


塩レモン 今年も楽しんでもらえたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。





f0174982_15383122.jpg
「塩レモンのチカラ」主婦と生活社  amazon

トラックバックURL : https://mottia.exblog.jp/tb/23552850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by motti-alegre | 2015-01-14 18:56 | 塩レモン | Trackback

 モッチ&ベントンフードコンサルティング オフィシャルブログ代表取締役 坂口もとこ メニュープランナー坂口もとこのBlog          仕事と日々の美味しい暮らしを綴っています。


by motti-ben