「スーパーマーケット・トレードショー」

先日「スーパーマーケット・トレードショー」でお仕事して参りました。
スパトレは、国内でもとても大規模な食品見本市で、
各メーカーさんや都道府県の小売店等も出店しています。


私はメーカーさんのブースで「手軽にヘルシー野菜生活」と題して、
お料理や野菜のお話をしました。
ご紹介したのは「バジルポテトグリーンサラダ」「苺のバルサミコマリネ」

どちらも、メーカーさんの商品と野菜果物をあわせた簡単料理です。
スーツの男性方々が多い会場でしたが、足を止めて見て下さってありがとうございました!

そこのブースで御一緒できたのが、なんとスーパーシェフ「ラ・ベットラ」の落合シェフ。
握手した手がとっても温かく、美味しいものを作る手!そのもので感激しました。

僭越ながら少しお話させて頂き、シェフのステージも拝見しましたが..
感動の連続。そしてシェフがスーパーシェフなる所以に大納得でした!
f0174982_10284681.jpg
f0174982_1029023.jpg
f0174982_10291281.jpg
f0174982_10293419.jpg
f0174982_10292122.jpg
f0174982_1030138.jpgf0174982_10294614.jpg
























































私にとってステージに上がる事はとても緊張したお仕事でしたが、とても充実した一日!
お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。

シェフの言葉、お裾分け♪↓下をクリックしてね。






・パスタ料理は必ずソース作りから!
 ソースはある程度出来上がっても待てるけど、パスタは茹でてしまったら時間勝負。

・パスタの茹で時間は約40秒〜程短く仕上げる!
 パスタ本来は、表示茹で時間が一番美味しくし上がるが、家庭では、盛りつけ→家族集まる→食べ る 〜まで、余熱が続く。少し短く仕上げ食べる時にアルデンテに

・パスタを茹でる塩分はしっかりと!
 一般的に、塩分が足りてない。まじないのように、ほんの少し塩を加えてもダメ。茹で湯を飲んで
 しょっぱ〜いと感じるまでしっかり塩分を。

・パスタとソースはフライパンで炒めない!
 出来上がったソース。塩分のきちんと入ったパスタ。その二つをあわせるだけ。
 更に火にかけて炒めるように混ぜ過ぎるから美味しくない。(それじゃあ焼きそばだよ〜。)

・玉葱とにんにくは同じ仲間!
 実際イタリアのパスタ料理にはあまりにんにくは使わない。玉葱入れたらにんにくは使わない等。
(実際落合シェフのイタリア時代。100席満席のお店なのに、一ヶ月に一玉しかにんいく消費が
 なかったそうです。)

・鍋(フライパン)を最初はあおらない!
 香味野菜(玉葱等)を最初に炒める時に、フライパンをゆすったり、かき混ぜ続けたりしない。
 逆に温度が下がるので、そのままじっくり放っておくのが大事。その方が焼き色も早くつき、
 香り旨味があがる。

*お料理を上手くなるには....
まずは、習った通りに一回はやってみる!
よく、「この食材をあれにかえたらどうですか?」なんて質問もあるけれど、一度そのままで作ってみる事が大事。そこで、基本の味を知った上でないと、アレンジしてもどこが正解かが解らない。

*お料理には全て理由が・・・
パスタの茹で塩の事に表される様に、全て理由があるから行なう事。なんとなく、ぱらぱらと塩を加える様な作業は意味がない。何故この行程があるのかを理解しながら作る。

*楽しむ・・・
作っている時に美味しそうな匂いを感じる。見て、匂って、オイシソ〜と思える物は、成功の仕上がりに!

ちなみに、カルボナーラの実演で、二人前で卵4つ(全卵2 卵黄2)も使ってました!!!
(レシピはここではお伝えできませんが、、、、お会いできた人に♪♪)
トラックバックURL : https://mottia.exblog.jp/tb/17163192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by motti-alegre | 2012-02-06 10:43 | ベジフル | Trackback

 モッチ&ベントンフードコンサルティング オフィシャルブログ代表取締役 坂口もとこ メニュープランナー坂口もとこのBlog          仕事と日々の美味しい暮らしを綴っています。


by motti-ben