パンの日

f0174982_20243835.jpg
 
4月12日は「パンの日」

1842年4月12日 
日本で初めて本格的にパンが焼き上げられた日。

1840年に始まった戦争がきっかけとなり、
江川太郎左衛門という代官が米飯に代わる兵糧パンを開発。
(今の乾パンみたいなもので、ドーナツ形。ひもに通して腰に結べるように)

ご飯は炊く時に煙が出て敵にバレてしまう可能性があるし、日持ちや持ち運びに不便。
そこで、あらかじめ焼いておけて、携帯できるパンを作ろう!
その後は横浜を初め、日本各地に製パン工場が作られ、パンが普及していきましたとさ・・

こんな話も、パンアドバイザーの講座の中「ブレッドヒストリー」で学びました。
製パンには関係ないようでいて、文化や歴史を学ぶのは、実は、後から後から
じんわり効いてきてるようで、おもしろい。

私は毎年、この日に、出来るだけパンを焼き、そして何故か新しいエプロンを買います。
精進して、美味しいパンが焼けます様に♪

今日は、ピタパンを丁寧に焼きました。材料はご縁あって頂いた貴重な粉を使って。
今年のパンの日、終えました。



                           にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
トラックバックURL : https://mottia.exblog.jp/tb/10784197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by motti-alegre | 2009-04-12 21:11 | パン | Trackback

 モッチ&ベントンフードコンサルティング オフィシャルブログ代表取締役 坂口もとこ メニュープランナー坂口もとこのBlog          仕事と日々の美味しい暮らしを綴っています。


by motti-ben