<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

9月の教室、終了しました。
夏休み明けで、お久しぶりのレッスン!!作って、食べて、喋りまくって(これが1番♪)盛り上がりまくりの楽しいレッスンとなりました。
いらして頂いた皆様、ありがとうございました〜〜〜。

ブレッツェルのクラスでは・・・
ドイツパンといえば!で、おいしいハムやソーセージをご紹介。
豪徳寺の緑道近くにある、「富永精肉店」
たくさんのハムやソーセージ、私の大好きなレバーケーゼなどが薄暗い店内(失礼?)
のショーケースに並んでいます。薄暗い感じと、店員さん(マダム?)の毅然とした感じが、逆にドイツの空気を感じられます・・・

f0174982_9203642.jpgペッパー、パプリカ等のハムやソーセージと供に、ジャーマンポテトサラダと涙の試作(笑)で紹介できたザワークラウト。

お店の方にソーセージボイルの仕方、教えてもらいました。
お鍋にお湯を沸かし、沸騰したら火を止める!→ソーセージを入れふたをする→10分そのまま。
私、火を止める事知りませんでした。沸かしたまま茹でるから、皮がはじけるそうです。
おかげで、ジューシーのまま、ナイフをいれると湯気がフワ〜♪

デザートは旬のフルーツマリネ、ジュレがけ(これまた、恥ずかしいくらい簡単)






f0174982_9455795.jpgテーマ野菜はなす。 
揚げなす、焼きなす、いろいろあるけれど、今回はおもしろい1品。
「キャビアドオーベルジーヌ〜なすのキャビア風」別名(貧乏人のキャビア??)
とっても簡単なのに、ペーストやパスタソースにもなるもの。
なすの種のぷちぷちがキャビアに見える?初めて、レストランでいただいた時は、なすとは分からなかった程です。

なすの保存は冷蔵庫ではなく常温で・・・アクをとるには・・・油との相性の話
なんかをご紹介!なす嫌いの子供が多い話になり、(うちの子も苦手)子供も好きになれるメニューが私の宿題となりました♪

ベテランクラスは、とうとうリュスティック。発酵種の話やゆるゆる生地の扱い、いつもよりも、おしゃべりも控えめに真剣に(笑)

夏休み明けのレッスンで、私は少々緊張スタートの今月でしたが、無事に楽しく出来た事、生徒の皆様に感謝です。。。。
また、来月お待ちしています〜〜〜!

あっ、もう10月。試作、励みます〜〜〜〜(汗)
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-30 10:11 | 教室 | Trackback

PC壊れた??

PC調子悪しです。
メールの送受信はできるけど、アプリケーション?が全て開けない。
ネットもできないし、写真も取り込めないし・・・・。

今は夫のPCを借りて、教室のレシピやアドレスなどを整理するぎりぎり生活!

私は思いっきりアナログ派!携帯もあまり興味なく、古~い機種。未だに、パソコンの事をコンピューターと呼び、失笑かってるし。表計算?グラフ?など出来なくて、事務的な事も全て手書き。定規でせん引いて、マスに数字や○×書き込んで・・・それを人に見せる度、かわいそうな目でみられます。(恥)

でも、調べもの出来なかったり、写真取り込めないと不便〜〜〜!

この何年かで、私もすっかり変わってしまったようです。

そして、息子にも反応が!今や夏の自由研究の調べもPC。はやりのyoutubeも
見れず、大好きな映画情報ネタ検索もできずで、9歳なりに不便な様子。(笑)

近日中に、Mac storeに走りたいんだけど。。。お財布が。。。
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-28 09:17 | Trackback

とうもろこし

f0174982_21152515.jpg

今年、最後のトウモロコシを買いました。

年々、様々な種類も増え、年々、甘くなり・・・。「生でもどうぞ!」なんてのも
昔では、考えられない。子供がおそるおそる、生のままかじると・・・甘〜〜い!
私的には、こんなに甘いと食事としてより、おやつ感覚!

トウモロコシといえば、大草原の小さな家。(以下妄想)
私の小さい頃の愛読書。お母さんは、コーンブレッドを真っ黒な鉄のフライパンで焼き、大きな心のお父さんと、まっすぐな目の子供たちに囲まれて暮らす。
家族の中でいつも事件が起こるけど、父さんの知恵。母さんの優しさ。子供たちの思いやりで解決。母さんは、働き者だけど、後れ毛までもが凛として清らか・・・


今の私もお母さんとなりましたが・・・えらい違いですね。はいはい。

でも、コーンブレッドやコーンパンは焼きますよ。え〜、焼きますとも。(意地)

トウモロコシ豆知識
「お湯を沸かして、採りに行け!」ぐらいに、鮮度が命。時間がたつと、甘さが減↓
茹でて冷蔵庫保存のほうがグー!もし、冷蔵庫で生保存なら皮付きのまま、ラップし立てて保存。(だからスーパーでは、保冷されてるトウモロコシは買わない方が良いよ)ひげの1本が一粒に繋がってるんだって!!びっくり!だからひげふさふさが粒ぞろいよ♪
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-18 21:40 | ベジフル | Trackback

Brezel

f0174982_1605252.jpg今月リーンなパンは「ブレーツェル」

ドイツのパン屋さんで見かけるこのシンボル的な形。ブレーツェルは、神と人間との自然のサイクルを象徴しているとか、太陽の象徴であるとか・・・ 成型が楽しいですよ!
味は塩気が少々きいて、腕の様なねじれた部分はカリッと♪
お口の様な太い部分はもっちり♪

この色と香り付けのポイントや、美味しい食べ方、ご紹介します。

このパンに合わせて、マイスターの店の(マジで)美味しいソーセージやハムと共に、
自家製ザワークラウト(酸っぱ過ぎず、たくさん食べれちゃう)等々・・・



テーマ野菜は「ナス」ですよ。ナスは超簡単ペーストにして前菜風にアレンジしましょう♪
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-15 16:02 | 教室 | Trackback

教室再開

f0174982_10321097.jpg8月はお休み頂きましたが、9月になり、教室始まりました♪

今月のリッチパンは  シナモンロール
(あっ、でも、ベテランさんチームは違うものですよ・・またお知らせします!)
そこで・・・・シナモンお嫌いな生徒さんは事前にお知らせ下さいね。シナモンって好みの分かれるスパイス故に。

シナモンロールといえば、CINABON。昔、海外のモールでしか食べれない時、はまってました。でも、MINIBON(シナボンの半分サイズ)ばかりだったけど。強烈な香りと甘さ・・・
教室では、優しい甘さにアレンジ。でも、上がけのチーズスプレッドはたっぷりかけて、お土産の分も作りましょう♪


写真の様に、山型〜ちぎって食べる角型のポイント。スポンジのように生地を柔らかくする為の仕込みポイント。ロールするシナモンの色や味のポイントをお伝えします。

今月のテーマ野菜+リーンなパン+ベテランチームメニューも、後日お知らせしますね。〜夏のお話聞けるのを楽しみにしています♪〜
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-14 10:34 | 教室 | Trackback

谷中散歩

f0174982_1064466.jpg

「インドは呼ばれる迄行くな・・・」そんな格言あったような?
そんな感じで、私の中で「谷中は呼ばれる迄行くな・・・」だったのです。

昔から、憧れの街。なんでだろう?とにかく、惹かれるのです。
先日、初めて行くお教室の場所が、根津に有ると知り、舞い上がり↑↑
「私、とうとう呼ばれた・・・・」念願かなって行ってきました。谷中。
f0174982_1012233.jpgf0174982_10181698.jpg
あ〜〜。憧れの『愛玉子(オーギョーチー)』台湾の植物の種を水にさらしてなんかすると、寒天状になるんですって!レモンシロップを飲み干して、レトロな店内の隅っこで 
独り・・・・美味しくて、お土産買いました。


向かいにある、『岡埜栄泉 』ものぞきつつ、『イナムラショウゾウ』にて、レモンパウンドケーキをお土産。

ゆっくり歩くと、至る所胸がじんとするような光景が・・。
f0174982_1046284.jpg高校生の頃、祖母の家に毎日通って、2人で早い夕飯を囲む生活をしている時期がありました。
祖母の家は寺町にあり、路地が狭くなんとも言えない匂いのようなものが町に漂ってました。淋しい様なせつない様な町なのに、でも近所の人がみんな元気で、でもそっけなくて・・・・私はそこが大好きでした。谷中には同じ匂いがするんです。


その後、生まれも育ちも根津という友人(私にとっては、ヒルズ族よりセレブなお方)
に教えてもらったお寿司屋さん『乃池』へ 
f0174982_11251244.jpg名代 穴子ずし 大人買い。
甘さ控えめのたれに、香ばしい穴子。大人の為のおすし。








谷中銀座でメンチカツを買って(谷中名物!って書いてる肉屋さんが2件。
いったいどっちが本家?でも両方買っちゃったよ)夕焼けだんだんへ



f0174982_11213090.jpg夕焼けには
まだ早かったけど。階段ゆっくり上がって、振り返る・・・・             


憧れていた、町。路地裏で昔を思い出したり、道行く小学生が眩しく見えたり。
玄関先で寝てる犬や猫にも癒されて。




また、いつか行きたい・・・ってか、住んでみたいな。
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-13 11:42 | おでかけ | Trackback

お母さんレシピ

f0174982_21344843.jpg

豚と夏野菜の重ね煮

豚肩ロース 
玉ねぎ   2個 繊維を断つ様に薄切り 
トマト  大2個 皮を湯剥きして、種をとりザク切り
ピーマン  2個 みじん切り
ローリエ  1枚 、塩こしょう、薄力粉、ブイヨン(マギー等なら1個)

1 豚肉に塩胡椒をして、油をひいたフライパンで両面を軽く焼き、お皿にとっておく
2 1のフライパンで塩少々ふった玉ねぎをしんなりするまで炒め、お皿にとっておく
3 2と同様にトマトとピーマンを炒める
4 鍋に1の肉をひき、薄力粉適宜ふる。その上に2、更に上に3をのせる。
5 繰り返し1→薄力粉→2→3を重ね、ひたひた位の水+ローリエ+ブイヨン
6 中火で15分煮る。 塩こしょうで味を整え蓋を開けて少々煮つめて出来上がり。

f0174982_8321928.jpgf0174982_8324077.jpgf0174982_833054.jpg


   



お母さんがよく作ってくれた思い出レシピ。簡単だけど、小麦粉を振り入れてとろみが少しつくところが美味しい。ブイヨン使って、昭和テイストもホッとします。醤油を少したらして、
ごはんにも合いますよ。
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-10 08:41 | おいしいもの | Trackback

ハーブレッスン

f0174982_10435382.jpg
夏の終わりに、ハーブレッスンに行ってきました。
朝から暑い日、到着すると、レモンバームとミントの爽やかなwelcome drinkを
頂きました♪レッスンへの期待で気持ちも盛り上がります!!



バジルと言っても、ポピュラーなスイートバジルや紫色の可愛いものも・・
これぜーんぶ、バジル!!
↓一番右は珍しい、ジェノババジル。やっぱりジェノバペーストはこれで作ると違うらしい!!(一般的なスイートバジルより、葉や葉脈が優しいかんじ)


f0174982_11295754.jpgf0174982_1130935.jpgf0174982_11302295.jpg






バジルはお料理にも色々使えます。よくあるイタリアンだけでなく、先生はエスニック
へのアレンジ教えてくれました。
f0174982_113655100.jpgf0174982_11371273.jpg















f0174982_1143117.jpg
バジル餃子やレモングラスが効いてるごはん。バジルフローズンダイキリ。デザートにはバジルの種を使った果物カクテル♪どれも簡単に作れて、味もしっかり美味しい。(注釈‥しっかり=簡単でオシャレなレシピってあるけれど、私にとっては、味も本当に美味しいものって事が大事なんです)
奥の深いハーブの世界。でも肩ひじはらず、自然に取り入れる事ができたら♪
そんな入り口を体験できた様な気がします。
豆知識**バジルの日本名「メボウキ」 昔、目にゴミが入った時は、バジルの種を水でふやかし、目の中に入れてゴミをとったそうです。
(目+(ゴミ)+放棄=メボウキ) へえ〜〜っ!!



[PR]
by motti-alegre | 2008-09-06 11:56 | ベジフル | Trackback
f0174982_6504090.jpg

うどんネタ続いてます。が、前2件とはちょっと違う。

門家  実家の近くの普通のうどん屋さんです。(セルフではないです) 広い店内に、お座敷スペースもゆったり。セルフでないだけに、天ぷらは揚げたてで美味しいです! お店を入ると正面で、麺打ちされてます。一番いいのは、お昼時(12時まわってから?)。やっぱり、打ち立ての麺、全然違います!!

f0174982_925518.jpgf0174982_9253265.jpg

讃岐うどんやさんで、もうひとつ忘れてはならぬもの・・・おでん!!
うどん屋さんの一角におでんコーナーがあるんです。(セルフ店は無い場合も)
自分で好きなのとって、からしみそ付けて食べます。この味噌がほんのり甘くて大好き♪関東、関西おでんはあれど、この感じはやっぱりここだけ!?
豆腐やスジ肉(私の好物)、天ぷらと呼ばれてるかまぼこ(あつあげ?)。いろいろあります。これに味噌をたっぷりつけて頬張ってると、熱々のうどんが・・・
ずる〜〜〜チュル〜〜〜ン♪ やっぱり、飽きません。

こんな感じで、香川滞在中は一日1〜4食はうどんを食べてました!
まだまだ、いろんなお店があるけれど、またいつか紹介させてくださいまし。
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-04 09:40 | おいしいもの | Trackback
f0174982_60507.jpg

またまたうどん〜〜。
一軒目に続き、はしごうどんです。
かまたま(茹であげ麺に生卵+しょうゆ)+かけうどん

山越うどん  こちらは、いつも行列です。今日はこれでも少ない方。
GWやお休みなどは2時間待ちもあるとか・・・。
麺はもちちゅる。天ぷら類も豊富にあります(私は食べ歩きのため、自粛)
そして、釜近くで、お客さんの注文をしきるおばちゃん、凄いです!
何人もの、注文を覚え、タイミングを計らってどんぶり温める・・・・。
とっても活気の有る店です。
f0174982_6994.jpgf0174982_693287.jpg
セルフ式のうどんやさんは、だいたい一杯150円。安っ!でもこれでも小麦値上がりの影響か、値上げしたようです。
メニューにもある釜揚げ卵うどん(通称かまたま)は讃岐ならではの食べ方。
1 どんぶりに生卵を割って、よくまぜまぜ。
2 ゆであげ麺をどんぶりに、どん。
3 細ねぎのっけて、醤油(できれば生醤油やだし醤油)ちょろっと。
4 またまた混ぜて、ずるずる〜〜♪

↑家うどんでも出汁を作るのが面倒な時、よくやります。美味しいですよ♪
 そして、まだまだうどん遍路続きます・・・。お付き合い下さいまし。
[PR]
by motti-alegre | 2008-09-03 06:21 | おいしいもの | Trackback

 モッチ&ベントンフードコンサルティング オフィシャルブログ代表取締役 坂口もとこ メニュープランナー坂口もとこのBlog          仕事と日々の美味しい暮らしを綴っています。


by motti-ben