10月 アップルシュトルーデル

f0174982_8363289.jpg


カイザーゼンメルと供に、もう一種のパンは「アップルシュトルーデル」

パンというより、ウイーン風アップルパイ。カイザーもこのシュトルーデルも
オーストリアやドイツでの伝統的なものです。

生のリンゴやレーズン、カステラの様なスポンジやパン粉で作るクラムをうす〜〜い生地でくるんでいきます。この、巻き巻きが、向こう側が透けるくらい伸ばすので、
切れやすく、緊張しますが、生徒さん達も楽しんでくれました♪
(私の伸ばしはまだまだですが。汗)

お味は、ほのかな甘みにシナモン風味。一緒にカスタードソースやアイスクリーム等
添えてたべます。アップルパイとは違った美味しさです。

昔、ドイツで初めて食べたとき、しゅとる??でるん??と発音が聞き取れず、
りんごのくるくる!と呼んでましたが、やっと、ハッキリと言えるように(苦笑)

秋になると、ヨーロッパの香りに憧れます。ひんやりとした空気、石畳の枯れた匂い。

いらしてくださった皆様、ありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://mottia.exblog.jp/tb/9571574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by motti-alegre | 2008-11-04 09:02 | 教室 | Trackback

 モッチ&ベントンフードコンサルティング オフィシャルブログ代表取締役 坂口もとこ メニュープランナー坂口もとこのBlog          仕事と日々の美味しい暮らしを綴っています。


by motti-ben