メイヤーレモンで塩レモン。

皆様のお陰で「塩レモンのチカラ」重版になりました。
ありがとうございます!なるべくシンプルに分かりやすいテーマにさせて頂いたせいか、
塩レモンの入門書の様に扱って頂き,本当に嬉しいです。


f0174982_15355831.jpg

・・と言っても皮ごとまるごと食べれる(ノンワックス)の国産レモンもそろそろ入手困難な時期になってきています。
そこで、今、多く出回っている★メイヤーレモン(マイヤーレモンとも言われる)★でも代用できます。
こちらはオレンジとレモンを掛け合わせた様な風味が特徴で、果汁が多く酸味も弱いタイプです。
ニュージーランド産を多く見かけますが、防カビ剤を使用していないものなので、塩レモンにもぴったりです。しかも果汁が多いせいか、馴染みがよく、液体塩になるのも早いかもしれません。


ザクザク切って、塩とワサワサ馴染ませ。(レモンの重量に対して30%の塩を使います)
お好みの瓶やタッパー、ジプロックに入れて保存。
1週間から使えますが、時間が経つにつれ、レモンの皮がトロリと柔らかに、、そして酸味も塩気もやわらいできます。
肉、魚、ご飯、麺、デザートにまでなんにでも使えるので、、あっ。詳しくは拙著を見て頂きたいです。笑

最近私は...
仕事では、パン、野菜、塩レモン、ビール漬けの日々。(ビール??これは新しいお仕事なんです!)
でも、プライベートも、パン、野菜、塩レモン、アーモンドミルク、ビール、そこにワインと肉。笑

好きな事がお仕事である事をしっかり自覚し感謝して、日々謙虚に過ごそうと思う日々です。

f0174982_1536818.jpg




f0174982_15383122.jpg
「塩レモンのチカラ」主婦と生活社  amazon
[PR]
トラックバックURL : http://mottia.exblog.jp/tb/22495469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by motti-alegre | 2014-07-08 15:35 | 塩レモン | Trackback

 モッチ&ベントンフードコンサルティング オフィシャルブログ代表取締役 坂口もとこ メニュープランナー坂口もとこのBlog          仕事と日々の美味しい暮らしを綴っています。


by motti-ben