2013年 06月 18日

今月のサラダ。

1年間、首都圏にPRする「とちぎ野菜サポーター」を務めて来たけど、まだまだ知りたい事がいっぱい。
お休みの日、朝8時。急遽畑に行きたくなり、お世話になってる栃木の野菜コーディネーターの佐藤さんに連絡。
「急ですが。。。今日。。。」
「いいよ。おいで。」我が儘なお願いを二つ返事で迎えてくれて、行ってきました栃木!
9時に家を出て10時半には栃木宇都宮に到着!要は気持ち次第で、道が繋がって行くのね。
f0174982_13322833.jpg

何軒もの生産者さんを廻って、お話を聞いたり、味見したり。
見えない所までこだわり抜いてた野菜達。生産者さんのプライドをかけた崇高な想いや何より味に惚れて、
今月の教室の野菜を全てオーダーする事に・・・
f0174982_13334862.jpg

温かいお手紙とともに、野菜が届きました。前日収穫の翌日の朝には私の手元に!鮮度は素晴らしく、しかも野菜のプロの佐藤さんの目利きで最高の物の数々。
f0174982_13371679.jpg

1回の教室で使う野菜の一部です。元気がでます!

実際に畑で一人一人の生産者さんのお仕事ぶりを見て、そして佐藤さんの愛情込めて届けてくれる気持ちを考えると、野菜の葉っぱ1枚も無駄に出来ません。
今まで、スーパーで買い物の時は、正直、野菜室の奥から???謎の物体にさせてしまった物もあります。
でも、本当に美味しいと思えて、人の愛を感じると、ただのサラダも丁寧に心を込めた物になりますね。
f0174982_13413949.jpg

今月のレッスンで、生徒さんと野菜の元気を分ちあってます。ありがとうございます。

[PR]

by motti-alegre | 2013-06-18 13:44 | 教室 | Comments(2)
Commented by aomoringo50 at 2013-06-18 16:20 x
地方に住んでいると、生産者さんが本当に身近で、そのご苦労が見えるだけに、先生のお気持ちがよーくわかります。
鮮度の問題だけじゃなく、おいしさが何倍にも感じられますよね。
Commented by motti-alegre at 2013-06-27 06:33
aomoringo50さま
生産者と近くなる事、とっても意義深いですね。鮮度や質だけでなく心を感じて物事を判断する事。何でも共通している気がします。


<< 6月レッスンのお知らせ。      face。 >>