とちぎ野菜〜那須の白美人〜

f0174982_811201.jpg


栃木県への3回目の産地視察へ行ってまいりました!

今回は「ねぎ
ネギと言えども、今回のネギは特別なネギで、私も前々からとても楽しみにしていました♪

「那須の白美人ハクビジンねぎ」

どんなネギ?
・ハウス栽培で作られる長さ80センチ程もある細く長いネギ。
・特別な栽培法により、甘み、柔らかさ、風味の良さを実現し生食にも適したねぎ。
・地元、栃木でもプレミアム野菜として珍重され、首都圏やレストランでも格上のネギとして流通。
・日本農業省大賞を受賞し、評価を得ている。


f0174982_812218.jpg

出荷前。梱包も特別!ネギの長さに合わせたサイズ。発泡スチロールに細かい穴を配し、
搬送時にもネギが蒸れずに呼吸できる様に調整されています。

f0174982_816238.jpg

全長80センチのうち、白い部分は45センチ。瑞々しく張りある良品です。
こちらの仕事人の手。白美人ねぎの開発を平成5年から続けて、ブランドを確立されました。

f0174982_8201843.jpg

圃場も見学させて頂きました。
ねぎは苗を定植してから収穫まで5〜6ヶ月。

f0174982_8214840.jpg

特別な栽培法の為、ビニールハウス内は撮影NG!
(私はこの目で見ましたが、柔らかく白く(軟白)させる為の技術と、ハウス内の環境整備。全て手作業で行い、とても人の手と愛情がかかっています。)

ねぎと言えば、露地物の本来の旬は冬頃ですが、ビニールハウスのみで育てる白美人。
ハウス栽培の利点は?
・季節の天候に関わらず、一定して環境管理する事により安定した甘さ柔らかさを出せる
・露地よりも肥料等を使わずに、本来のねぎ自身の力を引き出す特別な栽培技術

写真は収穫後のねぎです。手作業で外皮を除き、真っ白つやつやのねぎを梱包して行きます。
(今回の視察は真夏だったので、少々ねぎも暑そう...白い部分と緑の部分の境のところでねぎは呼吸します。夏はどうしてもその部分が開き気味。野菜も生きてる証拠なのね!)

f0174982_818566.jpg

一般的にねぎと言えば、どちらかと言うと、薬味や鍋の素材。
でも、このねぎの生。是非一度でいいから食べてみて欲しいです!
都内では 大手デパート(高島屋 松坂屋 など)や大手スーパーで取り扱われています。
気になる価格は ¥298〜398 3本/1袋
もちろんお安いねぎではないですが、何しろ貴重なので、お目にかかれればラッキー♪
チェックしてみて下さいね★


視察は、ねぎ料理バトル???へ続きました。白美人ねぎを使ったお料理合戦♪
その事は又次回に!
[PR]
トラックバックURL : http://mottia.exblog.jp/tb/17965271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by motti-alegre | 2012-09-14 08:41 | とちぎ野菜サポーター | Trackback

 モッチ&ベントンフードコンサルティング オフィシャルブログ代表取締役 坂口もとこ メニュープランナー坂口もとこのBlog          仕事と日々の美味しい暮らしを綴っています。


by motti-ben